PMSの症状が軽い場合は治療をする必要はなく、生活習慣を改善したり、食生活に気をつけるだけで十分です。 しかし、症状が重い場合は我慢せずに病院で治療を受けた方が良いでしょう。 その場合に選択される治療法は、主に薬物療法です。 一般的なのがピルを使ったホルモン療法で、個人差はありますが、ある程度の効果は期待できます。 ピルというと避妊のための薬というイメージが強いかもしれませんが、PMSや子宮内膜症などにも有効です。 また、根本的な治療にはなりませんが、症状に合わせて鎮痛剤や精神安定剤を服用する場合もあります。 ただ、病院の薬だと副作用が強いので、人によってはその副作用に耐えることができないという場合もあるかもしれません。 そのような場合には、漢方薬を使用すると良いでしょう。 漢方薬は治療薬ではないため、即効性はありませんが、長期間飲み続けることによって体質を改善して、症状を緩和させることが可能です。 とはいえ、その効果には個人差があり、効果が無い人と効果がある人に分かれます。